アナログ盤ファーストシングル

ビートルズが教えてくれた/チークを踊ろう

1973年10月5日発売 東芝EMI ETP-2924

デビューシングルはA・B面とも吉田拓郎の楽曲。アルバムのライナー・ノーツを書いたつながりから拓郎からプレゼントされた。ジャケットはMEET THE BAD BOYS!と同じものを使用している。
この曲についても廣田龍人は以下のように語っている。

「シングル曲の「ビートルズが教えてくれた」に関しては、スタジオに行ったらすでにオケ(カラオケ)が用意されていて、僕等はボーカルだけ入れれば良いという事で、この一件はかなりショックでした。オケは六文銭のメンバーで録音されていた。何故? っていう感じでメンバーも凄く憤慨しました。モンキーズじゃないんだから!

結局、ブツブツ言いながら歌いましたけどね。スタジオ内の不満は全てミキサー室に筒抜けで、ディレクターの新田さんから「君達!嫌なら帰っていいよ!」と言われてスタジオを飛び出す一幕もありました。慌ててマネージャーの上野氏が止めましたけどね。」
「大人のミュージックカレンダー 2017.9.20」より

両楽曲とも「極東ロックコレクション」に収録され、CD化された。